【参加募集】あなたも治験に参加しませんか?

『治験』とは、製薬会社が新薬を「治療薬」として製造販売する承認を厚生労働省から

得る為にボランティアさん、患者さんなど一般の方々のご協力をいただきながら、

大学病院、総合病院、クリニックなどの医療機関で治療効果等医学的な情報を

収集させて頂く臨床試験のことを言います。

ひとつの新薬が誕生するまでには実に10年以上の歳月と多くの方の「治験」 

への参加、協力が必要です。

治験では安全性を確保するため、基礎研究や非臨床試験などで有効性と安全性を十分に

確認した上で行われ、IRB(医学・薬学の専門家、一般市民などの非専門家、

治験を実施する医療機関と利害関係のない者を含む委員から構成される独立した組織。

実施される治験の科学性と倫理性の審査を行い治験実施の承認を行います。)

による治験の監視体制のもと行われます。

参加の有無についても、副作用などの説明後に確認いたしますので、

納得した上でご参加いただけます。また参加したあとでも理由を問わずいつでも

自由に参加をとりやめることができます。


何より、治験の参加で協力費がもらえるのも魅力的です。



中高年男性の方の頻尿は、「前立腺肥大」が原因であることが多いそうです。

というのも、加齢とともに男性ホルモンの性質が変化することで、前立腺肥大を起こすのだそうです。

ノコギリヤシがこうしたホルモンの変質を抑制するのに有効と言われていますが、本製品ではさらに

男性の元気の源となる黒ウコン=クラチャイダムを加えました。

88%の方が実感したスッキリ感をぜひご体験下さい!



日本の水は全世界でもキレイな部類に入ります。飲むことのできる水道水がある事自体、

ものすごい技術なのだそうです。近年は塩素による浄化よりもオゾンによる浄化が進んでおり、

カルキ臭の水も幾分緩和されているようです。それでも、残留塩素がカラダには良くないのは

周知の事実で、まして塩素は法律上投入することが決められているので、完全に除去された水を

水道水から飲むことはできません。

最近のトレンドはウォーターサーバーでしょう。

赤ちゃんのおられる家庭では粉ミルクはミネラルウォーターに溶かしたいでしょうし、

きちんとろ過された飲料水を飲ませてあげたいものです。

しかし、ミネラルウォーターはガソリン1リッターよりも高い!

コンビニで売っているものでも、500mlで100円前後。つまり1リッターで200円はします。

ハイオクガソリンよりも高いのです。

1人あたり1日2リッターで計算すると、月12.000円!

となれば、浄水器・・・

それも節約にはOKでしょう。しかしここは、全国の名水と呼ばれる「おいしい水」を

選んでみたいものです。

「水比較ナビ」は、100以上のブランドから選べる、


全国の名水をサーバーで届けてくれる多くのブランドを紹介してくれます。

日々多忙な中高年の皆さんにとって気になる「プリン体」。そして、健康診断で言われる

「食事制限」・・・分かっているけど、それをする事がかえってストレスになりませんか?

でも、ストレスと日々暴飲暴食は、確実に「高尿酸血症」を引き起こします。

プリン体の少ない食品やプリン体を分解してくれるものがあれば・・

それが「海洋性アンセリン」です。アンセリンは、尿酸の産生を抑制する成分と、尿酸の排せつを

促進する、ふたつの成分があります。

このアンセリンを通常の25倍配合したサプリメントが「慈鳳」です。

慈鳳にはアンセリンのほか、菊花ポリフェノール・シークワサーフラボノイド・赤ワインエキス・

葉酸・グルコサミン・クエン酸・ビタミンB2・B6といった栄養素も配合し、厚生省のガイドラインに

基づいた安心の国内生産でお届けしています。

ただ今お試しセットも好評ご提供中です!


食べ合わせによる体臭・・

こんな記事を見つけました。


食べ合わせによって体臭を減らせるなら、ちょっとは努力できそうですね。

今日のYahooニュースで

| トラックバック(0)

夏バテや朝食抜きで口が臭くなるって知ってる?

という見出しがありました。

詳細はこちら

アミノ酸ダイエットについて

| トラックバック(0)
これは、NHK「ためしてガッテン!」でも紹介されましたが、アミノ酸が直接脂肪を分解する働きはなく、むしろ現代の日本人はアミノ酸の過剰摂取の傾向にあるそうです。
これについてはこちらを参考にして下さい。「アミノ酸ダイエットのウソ?」http://allabout.co.jp/gm/gc/49010/

糖質制限ダイエットについて

| トラックバック(0)
糖質(炭水化物)ダイエットについて、そのカラクリを少しご紹介しましょう。ここからは私の高校時代の同級生、和泉修氏(タレント)のコメントです。
「炭水化物抜きダイエットをすると、はじめは痩せます。炭水化物400グラムはお茶碗2杯です。これは3食!食べれますよね。それではたんぱく質400グラム(刺身、鳥肉、ステーキなど)3食、食べれますか?
そうなんです、たんぱく質だけなら量が半分ぐらいになります。だから、やり始めは体重は減ります。
しかし、たんぱく質は一旦、身体に摂り入れると、筋肉にするか、使いきらなければ、体に残ります。トレーニングと一緒にやらないと、結局体重は増える事になります。
それに日本人は農耕民族です。西洋人は狩猟民族です。
根本の体のつくりが違うんです。だから炭水化物抜きダイエットは日本人には不向きなんです。」

糖質制限食は、(社)日本糖尿病学会(http://www.jds.or.jp/)も勧められないというコメントを出しました。上記のコメントと同じく、
「タンパク質の取り過ぎが腎機能を悪化させたり、脂質の取り過ぎが動脈硬化を促進させて心筋梗塞や脳卒中のリスクを高めたりする恐れがある」と指摘しているからです。また、同学会の提言では、「脱落者が多く、継続しないことも問題」としています。